みなさんは、自分の性格をよく知っていますか?

女性は「占い」や「性格診断」が好きな性質ですから
なんとなく、自分で知ってる人も多いと思います。

しかし!

自分でも気が付かなかった 本当の自分鏡 が現れてくるのは・・・・

「恋愛対象者」が現れてきた時ですハート


ペンそれでは今回は簡単な心理テストから始めてみたいと思います。

*あなたに付き合う異性が出来た場合について考えてみて下さい


Q1)次回会う約束をするのは?

 A 前日でも構わない    
 B 他の予定もあるので、4、5日前にはある程度決めたい

Q2)デートの場所は?
 
 A 当日に行き当たりバッタリでも構わない
 B ある程度、予定を立ててから行動したい

Q3)彼からのメールの返事は?

 A 次の日でも構わない
 B その日の内に返事が欲しい

Q4)急な用事でドタキャンされたら?

 A 仕方ないと思う
 B 後でフォローが無ければテンションが下がる

Q5)彼から4,5日連絡がない・・・

 A 忙しいのかな?と別に気にならない
 B 気になるので、自分からも連絡を入れてみる


いかがでしたか?
あなたはAとBではどちらが多かったでしょうか?

Aが多い人は「ゆっくりのんびりタイプ」
Bが多い人は「テキパキしっかりタイプ」


結論を言えば、タイプは同じ方が最終的には相性がよく感じると思います。

友達の間はテンポやタイプが違っていても、何も問題はありません。
しかし、いざ、恋愛となると話は全く別。

テキパキタイプの方がスローなタイプにストレスを感じるようになりやすいです。

それは、相手の の〜んびりペースにイラッ。として来るからです。


のんびりタイプの方は、
融通は利きますが、配慮に欠けるのが特徴です。


テキパキタイプの方は、
配慮や気遣いは素晴らしいですが、融通が利きにくいのが特徴です。



人は100% Aタイプ or Bタイプと言う事はないと思います。

A>B B<A この%で性格の特徴が決まってきます。

どちらが良い、悪いと言う話ではありませんので誤解にないようにお願しますね。

タイプが違う人がいるからこそ、
人間関係がうまくいくような構成になっています。
(100%恋愛関係だけではありませんから)

それにもし、人類がみんな同じタイプだったら?! ・・・・恐いですね。


では!
ここで1つ例を挙げてみますやじるし



男女間でよく起こる事は「デートの約束のトラブル」


男性がのんびりタイプの場合・・・


2、3日前に会う日だけは決めますが、、
具体的な時間、場所は決めません。


相手の女性がもし、反対のテキパキタイプなら、
その、約束に決め方にすごくストレスいやいやを感じます。


クローバーここで!テキパキタイプの方の心情を説明しておきますね。


テキパキタイプはいつも予定がいっぱいです
(スケジュールを決めて無駄なく動きたい心理から)

もし、いつも相手のペースに合わせてのんびりと構えないとダメなら、

何の予定も決められず時間の経過につれ精神的に相当疲れますあーあ汗


一方、のんびりのAタイプはテキパキのBタイプに多少は焦るかもしれませんが
基本変える事が難しいです。


例えば・・

Aタイプ(のんびり)Bタイプ(テキパキ)から、
「事前に決めてほしい。」と言われたとしても結果的には変えようとはしません。
(急には性質は変えられませんからね・・)

しかし、時間に関してはよほど気をつけないと誤解や信用を失います。

特に、ビジネスの場ネクタイでは、意識しないと信用を失う結果になりかねません爆発

ビジネスは敏速さが信用につながりますから。



でも、AタイプはBタイプには無い 寛大な心 があります。
たとえ、相手がミスをしても責めたりしないので、付き合いやすい相手です。

Bタイプは相手のいい加減さやミス=信用0に思ってしまうことがあり
寛大さを持ってない事が多く気をつけなければ怒らせてしまう相手です。
しかし、時間や約束には忠実なので信頼感を得られやすいでしょう。

この2つのタイプは・・

*時間に対しての感覚がそもそも違う相手です。


理解してなければ、お互いに疲れてしまう相性の合わない相手なのです。


タイプが違うと分かったのなら、「違う」と覚悟でお付き合いをした方が良いです。

もし長い時間付き合うならば
同じタイプの方が、安心感を覚え、信頼関係が生まれやすいでしょう。


結婚相手に、何もトラブルになりそうな相手を選ぶ事もないかな、と思います。


「それでも鼻ダッシュ」とストレスを感じる相手とつき合いをして行くつもりなら!

その人のタイプをよく観察し、理解する事がお勧めです。


性質がわかると、うまく付き合う方法と対策がわかってきますよ。

まずは、相手のAかBを質問してみてください。お勧めの診断法です病院



結婚相談 岡山 パルティール岡山は大人が出会うための結婚相談所です



 

あなたは・・

35歳の人 
と聞くと、どのような印象を受けるでしょうか?

「結婚は?」 「仕事は何?」と

ほとんどの人が、35歳のプライベートに興味を持つだろうと思います。

それは、岡山は35歳までに結婚してる方が多いからです。

あなたの会社の同僚、先輩・後輩たちはどうでしょう?

特殊な職場を除けば、35歳までに家庭を持つ人が過半数でしょう。


こんな状況だからこそ
「このままではいけない!出会いを作らないと」と

勇気をだし、結婚相談所ドアコーヒーや出会いパーティカクテルに参加した。

これが、まず最初に結婚を意識した行動だったと思います。

 

今回はそんな最初の気持ちを思い出してもらいながら・・・

婚活が長い人が陥りやすい
自ら結婚を遠ざけてしまう”錯覚”についてお話しておきます。

*婚活が短い人(2ヶ月以内)、又は 自分のやり方を通したい人は
 これからの話は理解できないと思いますのでスルーして下さい。



では始めます

恋愛での錯覚とは・・・本当の置かれた状況を間違えてしまうこと

婚活の長い人は、自身の事を思い出してみて下さい。
(主に35歳以上女性の方が対象です)

初めは、みなさん、活動が不安で仕方なかったのでは?と思います。

始めてみたものの・・・・

「本当に会ってくれる人がいるかな・・?!」
「自分に申し込んでくれる人がいるかな?!泣く


きっと、始める前に再度確認をしたことだと思います。


そんな不安の中で、相手から「会いたい!男」と言われたら?

例え、好みのタイプでなくても嬉しかったと思います
と同時に”ホッ”ホッとしたのでは?!

「あなたには、男性を惹きつける魅力がありますよ 口紅
との自信になりますからね。

初めの頃は、タイプでなくても「相手の期待に応えよう!」
と会われませんでしたか?
(婚活初期の方は、ほとんど前向きに会おうとされます笑顔

これは、体力は使いますが、見方を変えれば
後々、とても良い勉強になります(◎)

このような出会いをしばらく繰り返していく内に

かなり自信がつきます。バンザイ

↑

すると
今度は、心配事の内容が変わってきてしまいます。

立場が逆転して

new「私の気に入るような人がいるのかな?女の子」 となります

もちろん、気にいるのは重要な事です。

問題なのは、
数回のお見合いデーターから
相手のダメだしを始める事です。

結婚は相手選びも五分五分 

相手にも気に入られないと結婚はできません。

もし「この人、無理かな。」こうを思ったら
良い部分には気が付かず、悪いところが先に目に着くようになります。

そして、慣れすぎてくると初対面で相手のダメ出しから 始めてしまいます。


この業界で、よく言われる事は会員さんが会社側の目線になってしまう事。
これが一番怖いんです。


なぜなら・・

良き出会いを自分自身で邪魔してしまうから。

分析グセが付くと、同じ目線で相手を見れなくなります。

少しイメージと違えば、相手を知ろうとさえも出来なくなります。

結果、相手を知らない内にお断りしますから
もし、あなたにとってベストな相手でも完全に見逃しますバイバイ

これは本当に残念なこと。

ベストかもしれない相手を自分で遮断爆弾してしまいますから、
結婚は難しくなる一方です。

これが婚活が長い人達が陥ってしまう”錯覚”です。


本来のあなたを思い出してください。どんな状況でどんな気持ちで始めましたか?


申込みが続いたり、自分が断る事が続きだすと
初心を忘れ、現在が正しい状況だと思うかもしれません。

そして・・

「私には、もっと良い相手が見つかるはず!」と言われます。

そうかもしれません。

でも、確実に言える事は、出会いの幅は狭くなっている事。


年齢が上がっていく↑のに、条件を限定すれば↓
会える人は確実に少なくなります。



その結果、結婚が億劫になり難しくなります。


もし、これを読んで「錯覚してるかも?」と不安な人は


「相手の良い部分を3つ」
見つけてから交際をやめるようにして下さい。


どんな事でも良いです。^−^ <優しい・家族思い・誠実etc・・>

3つも見つけられるなら、相手と向き合えています

それで断りなら仕方ありませんパンダ 好き嫌いはありますから。


私たちは会員さんをよく観ます。内面、外見すべて時間をかけてお話して
その方の良い部分に目を向け理解しようと努めます。

決してダメだしをしているわけではありません。

その方が結婚出来るよう、観察と分析に近いことをします。

短所もあり長所もあるのが人ですもの。


結婚とは・・

相手に「あれっ?あらら」と思う部分もあるけど、良い部分も大きい
全部含めて良い所の方が勝つから長期の結婚生活が成り立ちます。


思い込みが強い人の方が婚活が苦しい悩む悩むように見えます。


婚活をスムーズに進めるためには、柔軟に考えて
まずは、相手の長所を見つける事です。



幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山

 

お見合とは・・初対面同士! 会話に気を使います。

本当は、お見合いでなくても、
初対面の相手に気を使えるのが大人の対応ですメガネ


お見合いで、何回も「お断りバツバツ」となってしまう方もいて
何が原因なんだろう?と考えていました。

その原因がついに!見えてきたのでキラキラキラッキラッ

それについてお話しておきますね。

原因は「否定形の話し方」

お断り

こうなった理由を聞いた中のトップは

「自分を否定されたガッカリと感じたからでした。


ところが、、断れた側の方にお聞きすると

特に心当たりはなく、むしろ「会話は弾んだ♪」との印象が多いのですビックリビックリ

双方の印象が全く違うので・・

断った方に更に詳しくお聞きすると

「会話を否定されてばかりで楽しくなかったガッカリ」との事。

これは非常に興味深い話です。

ペンそれではこれから具体的な否定形の会話をシュミレーションしてみます。

************************************
ケースその1

初対面のお見合いでのケース

男「この前、映画を観に行ったんです」

女の子「へぇ〜そうなんですか」


男「あの映画は、結構評判もよかったので興味あったんです」

女の子「そうですか?!私の友達も観たらしいけど、前評判よりは悪かったらしいですよ」

「・・・・・・・」男

************************************
ケースその2

交際をしているケース(食べ物店の場合)

「この前、美味しそうな店を見つけたんだけど今度行ってみない?」女

「へぇ、どこ?」男の子

「OOの近くのイタリアン」女

「知ってる。味は普通らしいよ。友達が言ってたから」男の子

「・・・・・・」女

************************************

いかがですか? これらの会話で何か気がつきましたか?


なぜ、会話の途中で話す方が「・・・・・・」となってしまったのか?↓

もし気づかないなら・・あなたも危ないかも危険

例題では、完全に話の腰を折っています。

これなんです。

否定してるつもりは無くても、相手の話の腰を折ってしまう言い方。

映画のよかった感想を話そう!
好きな人と楽しく一緒に食事をしたい。 だけなのに、相手は邪魔しています。

これでは、話を続ける気持ちも失せてしまいますね。。。


好かれるポイントは!
☆相手の言う事を取りあえず受け入れる事☆(肯定形で)



具体的な否定形の代表言葉は  

「でも汗汗」や「そうですかぁ〜?↑」(語尾を上げる言いかた)

これを使うと、相手は話す気力も失うようです。


なので、こんな言い方に変えてみては?笑顔


「でも」⇒「そうなんですね!」

「そうですか?!(語尾が上がる)」=「そうなんですね(語尾を下げる)」

 のような肯定的な言い方をしてみましょう。


たいていの場合、語尾を上げた↑
話し方は、聞く側からは挑戦的で感じが悪く聞こえます×

話が出来たからと言って、話が弾んだワケではないのが現実です。


もし、毎回、話は弾んだけど交際にならなかった。と心当たりがある方は

会話の中で否定形がなかったか?振り返ってみてください。

どこかに必ず、原因となる要素があると思います。

もし困ったり、迷ったりしたら些細な事でもご相談ください。

みんなで考えれば、きっと、良い解決法が浮かんできますからね笑顔




幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山




 

「アラフォー」=around  forty

(*40の周り=40歳前後の人を示します)


前に流行った映画
映画「sex and the city」で大流行した言葉でしたね。

そして今ではすっかり定着しています。

結婚も20年前とは、少し感覚が変わってきています。

まずは、晩婚化が進みました。

一昔前は、25歳を過ぎるとと「早く!早く!
焦る」と
周りが慌てたものですが

今は25歳で結婚してる人の方が数少ないと思います。

30歳を過ぎても、半数以上は結婚してない人が多くて

35歳を過ぎた頃、
やっと・・本気で
炎考える人が増えたように思います。


でも・・・女性は出産を考えるならば
女!出来るだけ早い方が良いです赤ちゃん(心配が少くてすむ)

しかし、男性は男性35歳を過ぎても充分子供も望めるし、
子育てをする時間も
ベビーカー余裕もあるでしょう。



それに!人間の平均寿命が確実に伸びています
!


30代からの結婚の方が、後の長〜〜い人生を考えるとちょうど良いのではないでしょうか?


”大人同士の出会い” 

それは20代の出会いのように素直な気持ちのまま・・とはいかないかもしれません。

でも、ある程度、社会人としても
ネクタイ経験を持った、大人同士なら!

自分の好みも理解してるでしょうから、納得した相手と幸せにやっていけるのではないでしょうか?

一番よくないのは・・・・諦めること。  
(40代からでも結婚は出来ます
上

35歳を過ぎると、「結婚が面倒だ!
エー」と思う人も増えてくるかもしれません。

それは、今まだご両親も健在で、健康で仕事も有り、困ってないからでしょう。

しかし、その状態と気持ちが10年、20年と続くでしょうか・・??

きっと☆今の若いあなたとは違う感情になってると思います
笑顔


そもそも、人間は古代より群れて行動する習慣を持っています。

それに、1人よりも2人の方が、楽しい事が多いと思いますしね。カップル

将来を考えて行動するのは人間だけでしょう? 


せっかくなので、想像力を使って幸せな人生を掴んでくださいね。

パルティール岡山は幸せな結婚生活を応援します旗


幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山




 

今回は女性に向けたテーマ☆

「結婚できた女性」の共通点について

お話してみたいと思います。

こちらでお預かりさせて頂く女性の年齢は28歳〜40歳までの方。


近ごろ、交際になった後、男性からよく聞く悩みがあります。

その悩みとは・・ 次が会えない との事。

実際、20代の女性に比べて、30代の方が、事前に予定がありすぎる現状です。


加えて、時間に融通をつけてくれるのは圧倒的に若い世代の方。

まだ相手にあわせる柔軟さが高いように思えます。


この様なデーターから

ようやく、交際に至ってもうまく進まないちゃん大きな原因がわかり始めました。


それは・・年齢が上がるにつれ

「今ある予定を変えない人が増えている事」

 前と状況が変わっても、融通をつけない人の事です。


出張や旅行予定なら、変更は厳しいので仕方ないと思います。

しかし、そうではなく「友達との約束・仕事の日」の場合も当然そちらが優先されます。

仕事も大切です。

友達だって、無下にできない関係かもしれません。

なので、融通をつけたらどうでしょうか?!


もし、仕事なら、終わってから会うとか・・

友達と会った後の時間に都合をつけるとか・・

たった1、2時間でも、彼と時間を取る事すらしていないように思います。


先に約束した方が優先されるのは、一般的なマナーだとは思います。

が!

婚活を始めたのなら、今はそんな事を言ってる場合ではありません。

毎回、そのような態度なら、肝心の相手は去ってしまいます。

これでは本末転倒です。



たいていの場合・・

いつも彼がいるような女性は彼(今会ってる人)を予定に優先しています。

これが上手に恋愛を進めるコツです。


男性も優先してもらえると、あなたと会いやすいので

頻繁に約束できます。そして、何よりも!男性も乗り気になってきます。


しかし、男性は女性にどんな予定があるにしても、

何回も断られると・・諦めます

男性の方が心がナイーブですからね。

おそらく・・お断り3回が限度では?と思います。


実際にこちらでも、いつも予定いっぱいの女性はご紹介しても

なかなか結婚へはたどり着く事が出来ません。


それは、自分のやり方(優先順位)を変えることが出来てないからです。

相手がいる以上は、相手にも合わせる姿勢が最も重要です!!

出来るだけ、融通をきかせて下さいねニコッ


何回も会わないと、自分と合うか合わないか?!すらわかりませんからね。

時間の使い方1つで、人生も大きく変わります。


もし、結婚に向かって取り組んで行こう!と思われるなら

やり方を覚える事です。

もし、今会ってる人が、まだ大切な存在ではなくても

何かをキッカケにあなたの大切な人になる可能性だってあります。

それには、時間をかけて相手を知る事です。


もし、彼の存在が大きくなれば、自然に彼を優先したくなりますから。

そうなれば、ゴールは目の前ですね。





幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山






 



近頃、メールよりも「LINE」を使う人が増えてきました。

「LINE」簡単にやり取りが出来て、まるで会話をしているかのように使えます。

震災時、携帯が繋がらず安否確認も出来なかった事を教訓にし、

考えたシステムだそうです。

確か、開発者は20代の若い女性でしたね。

すごいアイディアだと思います

しかし、この「LINE」今、一歩間違えると、危険な事件さえ起こり始めています。

なぜ?!危険な事が起きているのか?

やはり、文字やスタンプだけのコミュニケーションは難しいのかもしれません。

それに・・・

友達削除機能までつき、ますます人間関係が複雑化しそうな気配です。

実際、ブロックや削除された方はどうなんでしょうね・・

感情的には穏やかではないと思います。

よく芸能人がブログで発言した1言が、すごいスピードで炎上していますね。

あれも、文字は言葉であっても、音声はないので

たった1つのフレーズが、誤解されてしまう事があるのかなと思います


それでは、今回は恋愛での

「LINE」「メール」との使用方の違いについてお話しておきます。

こちらでは交際が始まると、メールアドレスの交換をさせていただきます。

メールとは本来はコミュニケーション手段の1つです。

電話に出れなくても、要件を伝える事が出来る 便利なアイテム!

フルに使って頂きたいところですが・・・

近年、困った事態が起こりつつあるのです

実例をあげてお話しますと・・

ある男性30代後半、LINEやブログが大好きで得意な方です。

この方は実際に会ってお話すると、良い印象なのですが(○)

メールになると・・相手が途中から「うんざり」し始めます。(×)

原因は・・LINEで会話をするようなクセがついているため

ただの約束でも何往復もメールをする結果になるのです。

こうなると、相手もヒマでない限り、付き合えません。

結果、2回目会うのが、しんどくなってしまうのです。

毎回、これが原因の1つとなり

「年齢よりも精神年齢が幼い人。」とお断りされます。

残念です。

しかし、彼にも伝えましたが、変わらない様子。

このままで認めてくれる人を探すようです。


女性のケース・・・

20代の女の子です。見た目も可愛くて、男性から好意を持たれすい方です。

この方こそ「LINE世代」です。

友達とも、メールでのやりとりは、ほとんどしないそうです。

しかし、問題が発生しました。

2回目会う事を決めていた

男性が「今度の日曜に食事しませんか?」とメールで誘いました。

すると・・「日曜はダメです」

たった、これだけの返事が返ってきたそうです。

確かに要件としては伝わりました。

ですが、2人の間柄を考慮すると、思いやりはまるで感じられません。

彼はこのメールに失意を感じ、気持ちが乗らなくなったそうです。

一方、彼女は悪気はありませんでしたし、今後も会うつもりでいました。

しかし、交際は終了です。



もし、会う意志があるのならば伝えなければね!

「次の日曜は無理ですが、次の○曜日は大丈夫です」と気を利かせるべきだったと思います

このように「LINE」でなら有でも、メールでは通じない事。よくあります。

メールでの内容は何でも構いませんが

意識として、1往復くらいで用件を終わらせる意識を持つ事。

約束するなら、内容を1度で伝える方が良いです。

20代の若い世代同士なら問題ないかもれませんが

30代、40代が同じような事をしていると大人としての社会性を問われます。

30代の男性も、女性も多忙です。

決して、「LINEだから〜」と安心せず

自分は大人!との意識を持った方が良いのだと思います。

あなたは人としてどうなのか?を見られています。

男女共に結婚相手には、社会性と年齢相応の聡明さを求めています。

友達なら大丈夫な事が、結婚相手となると見方が変わるのは当たり前の事ですからね。

意識したいところですね。



幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山


 

恋愛を始める以前の問題で

「異性が苦手!

こう言われる、20代の若い世代の方が多くなっています。

FacebookやTwitterが大好きな世代!

それがなぜ?こんな風になるのでしょうね。

本当は、人とのコミュニケーションが苦手なのだと思います。

ネット上のコミュニケーションは得意でも、Face to Faceが出来ない方が急増中!

ではどのように対処すれば良いのでしょう?


実は・・・コミュニケーション時にポイントがあります


ポイントは 「相手の気持ちになってみる」これに尽きます。

それと!話す のではなくて 聞く 意識を持つ事です


実際は、自分が話しをしていても、それを言われたつもり☆になってみること。

メールなら自分が送ったメールを受け取った気持ちになって読み返すことです。



可能な限りの想像力を使います。


コミュニケーションの基本は相手の立場に立つ事。

あなたが話してる事を、相手目線で聞くような習慣 をつけてみる事です。


女性同士なら大丈夫です。と言っていても

「初対面は人見知りします!」と言われる方が結構いらっしゃいます。


相手の目線で考える事が出来始めると、実際に顔を見て話す事が怖くなくなります。

異性も同姓も関係ありません。

逆に異性の方が楽なのでは? (異性の方が同姓よりも相手も気を遣います)


人は自分の話を真剣に聞いてくれる人に好感を持ちます。

例えば、美容師・ヘアーメイク・カウンセラー業のような

自分の個人情報をさらけ出すような立場の人は、モテますよね。

それは、自分の話を親身に聞いてくれる人だから。

話を聞くのが上手な人達です。


もし今あなたが、「恋愛苦手」と意識してるなら

意識してない人よりも何倍も簡単 です。

気が付いているぶん、直したいと思っていますからね。

本当は意識してない人の方が大問題! です。


現代は自分の意見を言わない方が人生がうまく行く風潮ですが

本当は意見を言えない、人の話を聞けない人が増えています。


だからハッキリものを言うドラマが高視聴率を獲得しているのでしょうね


意見を言えない人の大半は、あいづちだけで、実は話はスルー 

すぐには嫌われませんが・・

最終的に、聞いてない事がバレてしまい必ず信用を失います。

取り返しはつきませんね。


改善法としては自分だけの目線や思い込みはやめるようにしましょう。

相手の気持ちになって考える練習してください。


自分がこんな返事をしたら相手はどう思うか?

こんな行動をしたら相手はどう思うか?

自分が言われたり、されて嫌な事は相手にしない事。 


そして!あなたの発した言葉に相手で、
どんな表情になったのか?をよく見て下さい。

これが重要な目安になります。


今日2人がデートの場所にスムーズに到達できるのは

もしかしたら、相手が事前に調べてくれてたからかもしれませんよ。

こんな事は考えても見なかったのでは

もしそうなら感謝しますよね


このように普段から、出来る限りの想像力を使って下さい。

同姓でも異性でも

好きになった人からも 好きになってもらえる

これは人生の醍醐味ですからね


人が苦手なあなたも今日からぜひ!Tryしてみてね

 
幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山

 

 
「結婚したい!」と思って婚活を始めたものの

本当に相手が見つかってしまうと・・・・・・

急に不安が出てくる方がおられます。


これを”マリッジブルー”と言いますね。


昔は女性に限られたものでしたが、

今は男性にも、はっきりマリッジブルーがあります。

と言うのか・・男性も不安を口に出せる時代になっただけの話です。


でも、それは当然かも

初めての事ですから自然な感情です。


では、このマリッジブルー 根拠は何なのでしょう?

不思議なのは、マリッジブルーは晩婚の方が感じやすい傾向にあるようです。


この理由をご説明いたします。


若い(20代〜33歳ごろ)の場合↓

結婚に憧れる!2人の未来は夢や希望がいっぱい!


晩婚(35歳〜40代)の場合↓

友達から結婚生活の現実を聞いている。憧れ=不安もある。
1人が楽なのを知っている。



と、このように大きく違いがあります。


なので、年齢が上がってから結婚する方が

「マリッジブルー」にはなりやすい傾向にあります。


ではなぜ?世間話に縁遠いハズの男性もあるのでしょうか?


それは、男性は一生働かないといけない可能性が高いから です。

男性は子供や奥さんを食べさせるのは男としての責任となります。

こう考えると、当然男性の方がよほど、結婚へ踏み出すのに勇気が必要です。


でも実際は、現代の女性は働きますからね。

ホントは、あまり心配しなくてもOK!


もし、「1人の方が気楽だから・・・」と思ってる方には結婚はまだ必要ないかもしれません。

逆に、相手に迷惑をかけてしまうかも?!


結婚には必ず、良し悪しがあります。

良いところは 「1人ではなくなるので心強くなる」

悪いところは「自分の考えだけでは通用しなくなる」  


もし、あなたが結婚生活で自分の意見を通すつもりなら結婚しない方が無難です。

幸せな結婚生活を送るためには 「相手の立場に立って考れる事」 

これが基本です。

相手がいるからこそ結婚生活が成り立ちます。 恋愛も同じですよね。


もし、1人の考えだけで進むな気なら、1人が良いでしょう。

仮に相手があると、将来的には愛想をつかされ、決別する可能性が高くなりますからね。


まだまだ、色々な事は例としてありますが

2人だけの世界は☆恋人時代までと考えましょう。


今度は相手の家族も自分の家族となります。この思考はお持ちですか?

相手の家族もあなたの家族ですよ。

付き合い方は、良くも悪くも自分次第となります。


それに!結婚は考えていては、踏み出せないものです。

1度 この人!と思ったのなら自分で勢いをつけて踏み出しましょう。

あなたが選んだ相手です。自信を持って

踏み出してみれば、意外と楽しいかもしれませんし

それに!生活してみなければ、見えてこない事はあります。

例え ビックリ!する事やガッカリする事があったとしても・・・

それ以上に良い部分もあるはずです。

長い人生、1度は結婚生活を体験してみる価値はあると思います。

2人で作る人生の方が面白いと思います。

幸せになるためには・・勇気と勢いも必要ですね



幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山


 

みなさんは

人間同士が心地よく付き合う中で1番大事なことは何だと思いますか?

信頼・思いやり・優しさ etc・・・・

いろいろありますね。

でも実は注目すべく大きなポイントがあります!

それは・・・相性です。

男女間ではモチロン!同姓でも親友となる人とは、相性が合う人が長続きします。


こちらは結婚相談所ですから、このブログには結婚に重要な話を書いています。

なので、何かのヒントになるかも?と思いながら読んで頂ければ幸いです。


ところで、結婚生活において、相性が悪いとどうなるか?は察しがつきますよね。

そうです、離婚ですね。

こうならないために

結婚生活の明暗をも分けてしまう「相性」をテーマについてご説明してみます。


まず、相性とはいろんな意味が含まれます。

でも、解かりやすくひと言で言えば「テンポの事。

言いかえれば「リズム」です。

音楽みたいですよね。  



女同士・男同士の場合でも、好きになると相手の事が気になりますね
(変な意味でなくて)

気になる=興味がある との解釈になります。


これが異性の場合だと、自分自身でハッキリこの感情に気付き始めます。


そもそも、興味を持てない人の事は知りたくもないですね

そして、好きになりすぎると、相手の事を何でも知りたくなってしまうのが女性の性質です。

しかしそれが過ぎると!決裂してしまいます。
(面白い事に女同士でもよくある事です)


もし、自分の感覚と近い人と出会うとすごく楽しいでしょう?!

色々話も出来て、会うのが楽しくなると思います。

ところが、相手の事をすべて知り過ぎてしまうと
辟易としてしまい、やがては疎遠になるケースも女性間では多いのも事実です。

実はそれは、異性でも同じ事が言えます。

知りすぎると嫌いになりやすい

 これは、そもそもタイプの選び方に問題が!

相手選びを間違えている可能性があります


例えば、あまりに自分と似すぎた相手だと、初めは惹かれあいますが

次第に相手の中に自分の欠点が見えてきます

それが見えすぎると嫌いになりやすい。

しかし、違うタイプならわからない事だらけで、知るまで長い期間がかかります。

人は往々にして、知らない世界を教えてくれる人には新鮮さを感じます。

タイプに例えるならば

前に出る人(凸)と後ろに下がる人(凹)の組み合わせ

これが!一般的に相性が合うと言われる「凸と凹」の関係性です。



さて、ここからが本題です。

あなたが幸せな結婚生活を送るためには!

相手の選び方に重要な2つのポイントがあります。


それは、このブログの中で何度もお話していますように

時間とお金の感覚が同じである事。

この確認を必ず行ってみましょう。

もし、性格は自分に無いところが相手にはあり、無い部分をお互いを充分に補えても

この2点が違うと、まず関係が破綻します。

私自身もこの事実に気が付くまでに、非常に時間を費やしました

たぶん、この基準さえ知っていれば、間違った相手選びをしなくて済む事でしょう。


結婚前にチェックしてみる方法があります。

(時間編)

簡単にメールでもわかります。

例えば、メールが来たらどうですか?

仕事中以外なら、すぐ(時間が空き次第)返信するタイプか?どうか?

もし、あなたがすぐ返信タイプなら、相手も同じタイプがストレスを感じません。

デートの約束をする時も、あらかじめプランを立てるタイプなら同じタイプが楽。

約束の時間にも早めに行くタイプなら相手も早目の人が楽。

逆に物事は早めに決めるタイプなら、早目さんが安心。

人生をゆっくり進みたいタイプなら、相手ものんびり屋さんが楽。

と、いった感じでしょう。

次は!

(お金編)

あなたが毎月、積立をするタイプなら、相手も同じタイプがとても楽です。

カードローンを好むタイプなら、現金払いの相手とは必ずもめます。

お付き合いをやめた方が無難です。


将来志向型と現状重視型を見極めるのも大切。

今日は楽しければOK!とお金を考えず使う人と

将来の予備に備える人とは、考え方が全く噛み合いません。

好きでも結婚をしない方が良い相手です。


このように、お金と時間の感覚が合わないと、かなりのストレスを受けます。

そして結果的に、結婚生活は継続できなくなります。


結婚について回るのは、経済観念と時間配分。

どんなに優しくても、時間の感覚や金銭感覚が自分と違えば信頼感がなくなります。

壊れるのは、とても簡単です。

幸せになるためには、お付き合い期間に相手をよく見ることが重要です。

結婚前に「まぁ、いいや」と思って見ないようにしていた事が

今後、あなたを苦しめる火種になり兼ねません。


本当に幸せになるためには、決して相手の外見ではありません。

基本感覚が同じで、あなたに無い部分を持ってる人。

こんな人を見つけたら、簡単に見送らないで下さいね。

この相手は、幸せな結婚生活を継続出来る可能性が高い人ですから。




幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山



 


近年、高学歴の女性が増え続けています。

そして!ついに時代は変化を遂げ

男性に求められていた☆三高の時代が終わりましたね。
(高学歴・高年収・高身長)

ではなぜ変化したのでしょうか?

それになぜ、女性の学歴が高くなると、
男性の三高が重視されなくなるのでしょう?

今回はこの「変化した事情」についてお話してみたいと思います。


まず、みなさんの頭の中をひっくり返すような結婚事情をご説明いたしますね。


大学院卒の女性=優秀! との印象を受けます。

そうですね。

しかし、結婚においては 女性の高学歴=「敷居が高い」

と大学院卒の方以外の男性みんなが思うのです。

そして避けてしまう傾向がよくみられます。

この事は、私たちのような仕事の人にしか理解できないと思いますが

女性が結婚するにおいての高学歴は逆に妨げになる場合があります。

難しい現実です

が!事実は異なります

高学歴の女性が求めてるものは本当は違うのです

実際、高学歴の女性は自分が専門職につき、高収入が見込めるため

男性の年収には、さほどこだわらない人がほどんど。

なので、女性の収入が高くなれば高くなるほど

男性には別の要素を求めるようになります。

今、女性が結婚相手に求めるものは「性格の良さ」です。

優しさ・思いやり・家事の分担 と、男性に求めるものは大きく変わりました。


平成の現代、もう男性が大黒柱の時代ではないのかもしれません。

「2人で家庭を支えていく」これが現代の結婚事情だと思います。

よく見られるケースが

公務員や看護師さんなど高収入の女性と、普通の収入の男性の結婚です。

この2人は至って円満

幸せな家庭を築いています。

それは、相手にお互いに求めるものが合っているから幸せが続きます

幸せな結婚生活とは「お互いが必要なものが揃う事」


結婚相手は過去の経歴だけで判断するものではありません。

自分が本当に求めるものが相手になければ関係は終わりを迎えてしまいます。

いろんなカップルを見てきましたが

やはり補える関係がベストかな!と思います




幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山