近年、全国的に婚活をしている人口は

男<女女性が圧倒的に多い事をご存知でしょうか

10年前は男性の婚活者の方が多かったのに

いつの間にか大逆転!

いったいどうなっているのでしょうか?!

岡山県の話なら男女の出生率にさほど差はありません。

では、なぜ?男性が婚活離れをしているのでしょうか?



1つは年収が昔よりも下がり、上がる可能性も低くなり
男性に自信が無くなった説もあります。

でも・・ホントにそれだけでしょうか?


50年後ならまだしも、10年ほどで変わるには早すぎる?!と考えていました。


そんな中、先日婚活歴5年以上の男性からこんな話を聞けました。

「男は少々”あれ〜っ?”と思う言葉や態度があってもグッ!っと飲み込むけど、
女性はペッ!と簡単に吐き出しますからね〜困る

と言われたのでした驚くビックリ


まさにその通りで、女性は男性の言動で少し違和感があると

「違うかな、と思いますのでお断りします」との即決断!です。


男性は譲っても、女性が譲れないなら、

断られ続けた男性は婚活に消極的になります。

これも婚活男性が少なくなった要因かもしれないですね・・・


しかし、女性にとっては深刻な問題です悩み泣く

結婚したくても、相手がいない現実になりつつあるのですから。

私たち女性が相手の選び方を変えないと
結婚が難しい時代になったと思います。



そもそも、男性の方が繊細(ナイーブ)に出来ています。

例えば)こちらで真剣に3ヶ月交際していて、終わった場合

どちらが終わりを告げたに関係なく

婚活を止めようと考えるのは100%男性です。

女性は逆に
「もっといい相手と結婚します!」と決意をされる方しか見た事がありませんえー

このような例からも

男性の方が、心が折れやすいラインのだと思います。

例えば、”次の約束をしよう!”と日時を提案しても

「その日は都合が悪いです」だけの返事なら傷つきテンションはかなり下がります。


男性は常に 断られたくない男と思っています
(断られる事に慣れてないのです)

でも、女性は友達や趣味のスケジュールをビッチリ組んでいる人も多い。

女同士は、その日がダメでも気にしませんし、また次でも良しとします。


ところが男性は違います。1人で行動する人が多いのでスケジュールを立ててない場合がほとんど。

もし、予定有りでも自分だけなので、相手に合わせる事が簡単なのです。

断られる事に、慣れていないのかもしれません。

それと・・・

男性は予定がビッチリの女性を嫌煙しがちです。(誘いにくい困る

「いいな〜」と思っていても断られてキズ付きたくないから諦めてしまうのです。


女性はよく2回目のデートで、50%の確率で男性をジャッジ×としますが
男性は違います。


男性は女性の良い所をなんとか探そうとしているらしいです男

でも・・女性はつい相手の悪い所から探してしまいませんか?!(ー計算)

これも婚活男性の意欲を低下させる事につながります↓

なので、少しはおお目に見る事出来た方がバランス良くなると思います。


もちろん、真剣だからこそジャッジしたくなる気持ちわかります。

でも、結婚生活でいちいちジャッジしたら・・・結婚生活は壊れてしまいますね。

独身の方から「結婚前だから、ジャッジするんです口」との反論が聞こえてきそうですが
結婚したからと言って、急に変われません。

むしろ、もっと相手の短所が目に付き始めます。(いつも近くにいますからね)

クセは簡単には治りません。

それにもし、そのジャッジが間違えていたとしたら?どうでしょう?

相手は自分と同じ人間ではありませんよね。
多少の違いは気にしない方が人と暮らすには楽だと思います。


すぐのお断りのクセがつくと、終わりのない婚活を続けていく可能性が%上がります。


恋愛に関して男性はプライドが高いくとても繊細でキズつきやすい。


女性で婚活が苦しくなってきた人からもよく相談を受けます。

そんな時は「判断をすぐにしないことです」とお話します。

思い込みもあるでしょうし、勘違いかもしれないので。

数か月の余裕を持って会って行く方法が婚活の終了の最短方法だと思います。


また、交際になればメールやメール電話電話も女性からも入れて下さい。

待ってるだけの女性から、積極的な女性に男性を奪われる時代です。
(ライバル多
火

婚活の取り組み方は昔とは違います

この先、独身の女性は増加し続ける傾向になりそうです。


ついに私たち女性が変わる時代に入ったようです。


今回は折れやすい男性が側の気持ちについて書いてみました苦笑い



幸せな結婚生活が続く結婚相談所なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山へ


 
関連する記事