人と普通に話していても、相手の心の満足度まではわかりませんよね。

ではどのようにすれば・・
お互いが「結構話せたな」と満足感のある会話になるのでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えしてみたいと思います。

それはとても簡単で良い方法

「満足感100%になる秘密の会話術」なるもの!があります。

例えば・・こんな場合

双方が真反対の印象を持ってしまう


よくない会話とその対処法について☆の話

ご紹介後の感想にも、このような違いが出る事があります。

一人は「盛り上がりましたとの好印象。

しかし・・なぜか?!

もう一人には
「全然話せなかったと言われてしまう事が有ります。

これは
 
どうしてなのでしょう?

それではご説明致します。


自分では「今回は充分に会話出来た!」と思っていても

相手からすれば・・

「全然、話せませんでした(--)会話は弾まず」なんて事はよく聞きます。

いったいなぜ?両者の認識にこのような差が出るのでしょうか?!

長年この仕事に携わり
やっと 会話のからくりが理解出来たのでご説明いたします。

一言で言うなら

聞き役・答え役とのポジションが初回で決まっていたのです。

立場は男性・女性はあまり関係ないでしょう。

結論として、

サービス精神の優れた方が聞き役(質問側)になっています。

(例)

「〇〇さんは、こんな時はどうされていますか?」

「そうですね。〇〇しますね・・・・・」

「あ〜^^ そうですよね」

「じゃぁ、〇〇は好きですか?」

「そうですね〜いいですね」

一見おかしくも無く普通の会話です。むしろ!会話は弾んでさえいるようにも思えます。

しかし この会話間にこそ重大なミスが起こっています。

実は・・両者は立場的には50/50ではありません。

質問する人 答える人と、 いつの間にかポジションが決まっています。

確かに、質問に答えた方は話せた感があるでしょう。

しかし、質問ばかりした方はどうでしょう?

自分が質問ばかりなら

「相手から質問がないのは自分に興味が無いのかな・・と思い始めます。

ではどんな風に会話したらよかったのでしょうか?

正解の会話)

「〇〇さんはこんな時・・・・・」

「^^そうですね。〇〇しますね。」

今度は!立場を変えて

〇〇さんはどうですか?」 (重要ポイント)

これです↑これが会話には必用でした。

やり方わかりましたか?今度は相手に同じことを聞いたのです。(立場が逆転

簡単でしょう方法はたったこれだけ!

こうすると、お互いに質問する側、される側で50/50になりましたね。

立場が入れ替わる方がお互いに理解も出来て、楽しい会話感が出てきます。

ただ、何でもオウム返しは相手も気分を害します。(その変は臨機応変に!)

結構、自分では気づいてない人が多いんですよー

だから、うまくいかないのです 

今度からは、あなたも相手に質問する気配りをしましょう。

簡単です。「あなたはどうですか」とたったこれだけですからね。

質問した側は自分にも同じ質問を期待してたりますよ〜





幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山へ