「お見合い」 緊張する響きですね。

男性は女性よりも更に!緊張します。(リードするのですから)

今回は 初対面で聞くと必ずひかれる質問内容 をお話しておきます。

こちらでの出会いは「お見合い」とは呼びますが、一般の形式ばったお見合いとは違います。

お見合いとは、単なる呼び方で、みなさんは「出会いの感覚で来られます

なので、初回で聞かない方が無難な質問が有るのです。

その質問内容は・・・


職場などの詳しい業務内容(専門職の人には特に)

住んでる場所・家族の事

今までの経歴(なぜ登録に至ったのか?会った人の数など)



これらの内容を初対面で聞いても許される相手は、

彼女の方が、かなりあなたに好感を持っている場合のみ!です

それ以外の人が聞くと全員お断りされてしまう

決して聞いてはいけない
 100%失敗に終わる質問内容です。

女性は、自分の事が特定される事を心配します。


初対面で聞いて良いのは、あたりさわりない程度の質問

例えば、「趣味好きな事、好きな食べ物好きな場所など」誰が聞いても

プライバシーが守られる範囲の、あたりさわりない会話だけ。

後は、あなたの事や今話題の映画などのお話をしたら良いのでは?

(上映している映画など事前に調べておくと楽だと思います)


当然、この会話だけでは初対面で1時間以上は厳しいでしょう。

すると、お見合いベスト時間は1時間〜1時間30分程度が限界 となります。
(これ以上、一緒に過ごすと間が持たず余計な質問をしてしまうハメに・・

もちろん!
男性の気持ちからすれば、お互いの共通点を会話から見出そう!とするのはわかります

でも、女性は「特定されるかも!」と思ったら、その時点から相手をシャットアウトします。

こちらは何気ないつもりの質問でも、
女性からしたら「一番聞かれてイヤな質問」なんて事もあります。

なので、質問内容は要注意です


こんな話をすると↑ 「女性は難しい!」との印象をお持ちかもしれませんが

実は違うのです

逆に考えると「タブーな質問」を知っておくだけ

知ってると結果は大きく違うのです。

なぜなら・・

タブーな質問をしなかっただけで、あなたの印象はするのです。(簡単

前にもお話しましたが、女性は好意を持った相手には自分の事を知って欲しいのです。

2回目以降、彼女から、自身の事についてお話があればあなたに好感を持っている証拠。

1回目は単なるグチが多い、女性が初対面からグチならあなたを恋愛対象に見ていません

  好意をもっている相手に初めから愚痴は言わないもの。

  それは、自分を良く見せたいとの心理が働きます(女性心理)>

これは非常に良い目安になります  

今回お話した事は、知っておくと失敗を免れます

さぁ!今度は実践して下さいね。  

もし、不明な事があれば、いつでもご相談下さいね。あなたの恋愛を応援します


幸せな結婚なら 結婚相談 岡山 パルティール岡山へ